不安があるなら

防犯に少しでも不安を感じたのであれば、まずは鍵周辺を見なおして見るべきです。特にドアノブをしっかりと確認をしましょう。場合によっては早急にドアノブ交換も考えるべきです。

紛失した時点で危険

鍵を失くしてしまったとします。しかしもうその時点で危ないのです。もし鍵が見つかったとしても、どこかで合鍵が作られている可能性が大いにあります。鍵紛失をしてしまった時点で、シリンダー交換などを考えるべきなのです。

金庫トラブル

金庫のトラブルと言えば、暗証番号をすっかりとわすれてしまうという事が多いです。例え番号を覚えていたとしても鍵が壊れているという、自分では同仕様も出来ないトラブルもあります。その場合は業者に鍵開けを依頼します。

ドアノブの価格

ドアノブ交換のための価格

古くなり壊れてしまったドアノブや防犯上の理由からドアノブ交換を行うことがあります。個人でドアノブ交換を行う場合ドアノブの種類に注意が必要です。ドアノブにはサイズやメーカーによって構造の違うものも多くあらかじめ計測を行うかホームセンターなどに直接ドアノブを持っていくことで正しいものを手に入れることができます。ドアノブの価格としては安めのもので3000円程度、高めのもので10000円程度のものが多いです。必要な工具もドライバーだけなので比較的安価に交換することができます。業者に依頼する場合安いところでも9000円ほどの費用が掛かります。自分で行う場合よりも高い分プロとしての様々なサービスがあり確実に取り付けることができる利点があります。

ドアノブにかかわる歴史

今ではドアノブにも多くの種類がありますが初めは丸いタイプのものだけでした。そして昭和50年代後半からレバータイプのドアノブが登場するようになり広がっていきます。とくに高齢者に対しては丸いドアノブでは滑って使いにくいものであり人間工学の研究においてもレバータイプの方が優れていることが判明しています。最近になってドアノブ交換を行う件数が増えています。この理由としてピッキングやサムターン回しといった空き巣の技術の向上によって従来のドアノブではその防犯能力に不足があるからです。ドアノブ交換を行う中で特に人気のあるものとして一つのドアに対して2つ鍵穴があるタイプでありこれは空き巣をあきらめさせる確率を高めます。